12月のクリスマスを前に壁面飾りの準備が着々と進められています。



折り紙でベルとヒイラギを作りました。
壁面の木に飾り付けると、いっきにクリスマスらしくなりました。



また壁面の満月にもそりに乗ったサンタさんが貼られ、もういつクリスマスになってもよい雰囲気になっています。



残念ながら、現在コロナウイルス対策の為、デイサービス付近は立ち入り禁止となっており、壁面の飾りを多くの方に見ていただくことができないので、写真を掲載させていただきます。
多くの方に見ていただけると幸いです。




※写真撮影の為マスクを外してくださっている方もみえます。


11月に行った手作りおやつの紹介です。
今回は餃子の皮を使ったおやつに挑戦です。
味付けしたりんごを餃子の皮で包み、オーブンで焼いていきます。



焼き色がつけばお手軽アップルパイの完成です。
5個に1個くらいの割合でチョコパイもありました!
餃子の皮の端の部分が少し固かったですが、りんごの入っている部分は柔らかくなっており、丁度良い甘さでした。





一口サイズなのでご利用の皆様も食べやすそうでした。






 簡単にできるのでよろしければ、ご自宅でも作ってみてください。

※写真撮影の為マスクを外してくださっている方もみえます。


 令和2年11月14日(土)天候にも恵まれ、秋晴れの清々しい青空が広がるこの日、コロナ禍で戦う医療機関を応援するプロジェクトが実施されました!
あま市社会福祉協議会ボランティアセンター登録団体の「55年会」主催で、あま市民病院職員さんと地域の個人ボランティアさんを交えて、コロナ対策を講じながらあま市民病院敷地内の除草作業を朝から一斉に行いました!


敷地内で伸びた雑草


「55年会」メンバーによる除草作業


「55年会」メンバーによる除草作業

一見すると綺麗に見える敷地ですが、よく見ると雑草があちらこちらで伸びており、気付けば用意したゴミ袋約160袋を使い果たす結果となりました!


トラックに積み込まれたゴミ袋


除草後の敷地内

 あま市民病院では、例年職員で除草作業を行っていたそうですが、コロナ禍で集中的に人員を投入することが難しくなっており、あま市社会福祉協議会ボランティアセンターへボランティア協力依頼があったことで、このプロジェクトが実現されました!

 参加された皆さんは、へとへとになりながらも、どこか清々しく「また一緒にやりましょう!」と次回に向けた約束を交わされていました!


10月のおやつ作りの紹介です。
秋に食べたくなるかぼちゃを使ったおやつが完成しました!
かぼちゃの茶巾絞りです。



つぶしたかぼちゃに入れるのはバターと砂糖のみでかぼちゃの甘みが引き立つシンプルな味付けです。





サランラップで包み、最後の仕上げは利用者様ご自身で絞っていただきました。
旬の味に舌鼓です。








ご自宅でのぜひチャレンジしてみてください!
※写真撮影の為マスクを外してくださっている方もみえます。


お預かりした災害義援金は、愛知県共同募金会を通じて、被災状況に応じて被災地へ配分させていただきます。
皆様のご協力に感謝申し上げます。ありがとうございました。


義援金ありがとうございました!


・金岩地区コミュニティ協議会様より10,000円
・社会福祉協議会設置義援金箱より12,527円


10月最大のイベント、秋の大運動会のご紹介です。
利用者の皆様には、職員が考案した様々な競技に挑戦!競技は、大玉転がし、玉入れ、障害物競走、パン食い競争です。
今年は、新型コロナウイルス感染症対策として、パン食い競争はなんと割り箸で取っていただきました。





二日に渡り行われた運動会ですが、けがやトラブルもなく、安全に行うことができました。
それが何よりも良かった点ですが、ご利用者様も普段あまりお話されない方同士が運動会を通して、お話をされていたり、普段運動に消極的な方が運動会では積極的に体を動かす姿が見られたりと、とてもよい機会になったと職員一同感じております。




また来年も、皆様に楽しんでいただけるイベントを開催します!
皆さんお疲れ様でした。
※写真撮影の為マスクを外してくださっている方もみえます。


10月29日(木)にあま市七宝老人福祉センターにて、「ふれあい・いきいきサロン交流会」を開催しました。



講師にあま市民病院の奈田先生をはじめ、放射線技師の大橋先生、リハビリ担当の石井先生、管理栄養士の高橋先生を招き、「フレイルについて」講演をしていただきました。




講演会では、実際に体操を取り入れお話していただき、参加者もフレイル状態を保つために興味を持ち、真剣な眼差しで学びました。参加者からは「サロン開催時に取り入れていきたい」「サロンへ参加する高齢者にぜひ広げていきたい」などの積極的な声が上がっていました。



その後、グループになり「コロナ禍におけるサロンの開催の仕方」などをテーマにサロン同士で意見交換をし、最後に発表をして終了しました。




今回の講演会、交流会で学んだことを今後のサロン活動に生かして欲しいです。


※フレイルとは、「加齢により心身が老い衰えた状態」のことです。


今年も赤い羽根協賛児童生徒作品コンクールに市内の小・中学生からたくさんの応募がありました。今年は、愛知県知事賞に選ばれた作品もありますので、ぜひ会場までお越しください。
来館される際はコロナ対策(マスク)を忘れないようにお願いします。
以下の期間で展示しています。

展示期間

令和2年11月7日(土)から令和2年11月14日(土)まで午前9時から午後5時まで

展示場所

あま市甚目寺総合福祉会館 3階 なかよし広場


ポスターの部


書道の部


お友達の作品を見に行きましょう!


 今年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため『あま市心身障がい児・者クリスマス会』の開催を中止することから、療育手帳を所持している方を対象にクリスマスプレゼントを配布します。
事前申込が必要となりますので、下記の内容をご参照ください。


事前申込期間

令和2年11月9日(月)~11月27日(金)
※先着順で120名とし、定員となり次第締め切りといたします。

申込方法

下記の申込書をご記入のうえ、療育手帳の写しを添えて社会福祉協議会(本所・七宝支所・美和支所)までご持参ください。
個人情報を本事業以外での使用は致しません。


ファイルイメージ

申込書


対象者

あま市内在住の療育手帳所持者、あま市心身障害児者保護者会会員

配布日時

令和2年12月14日(月)~12月18日(金)午前9時~午後5時

配布場所

あま市甚目寺総合福祉会館(本所)
あま市七宝老人福祉センター(七宝支所)
あま市美和総合福祉センターすみれの里(美和支所)

問合せ先

本所 地域福祉課 ☎443-4291


※この事業は歳末たすけあい運動の配分金により実施いたします。


コロナ禍で、学外でのボランティア活動が制限されている美和高校ボランティア部へ、赤い羽根共同募金事業とのコラボレーション企画として街頭募金活動を呼び掛けたところ、快く引き受けていただきました!


美和高校ボランティア部メンバー


★10月13日(火)木田駅周辺及び10月16日(金)ファミリーマート美和高校前店での募金活動の様子★

当日は天候にも恵まれ、最初は恥ずかしがっていたボランティア部のメンバーも、呼びかけに
反応して下さる人々の様子を見て、徐々に積極的な声掛けが出来るようになりました!





美和高校ボランティア部の皆様、ファミリーマート美和高校前店様、募金いただきました皆様、ご協力いただきありがとうございました!