地域課題解決ために!


事業の目的

 近年、ひきこもりや児童虐待、DVなど多様な要因による社会的孤立や生活困窮の問題など、新しい社会課題が次々と生まれており、そうした課題を解決する活動と、それを支えるための資金を確保していくことが地域の大きな課題となっています。

あま市共同募金委員会(以下、本会という。)では、今地域にある課題やそれを解決する活動をテーマとして、地域住民に理解を訴えかけながら、個人の意思と共感による寄付を獲得し、活動財源を生み出していくことで、地域課題の解決に向けた助成と寄付の循環を創り出すことを目的として、共同募金における地域課題解決のためのテーマ型募金を実施します。

テーマ型募金では、特定のテーマで活動する団体が主体となって募金活動を行うことで、共同募金における新しい寄付者層の開拓を目的としています。

また、本会として、テーマ型募金に参加した団体が主体的に募金活動を実施するにあたって、募金を呼び掛けるチラシの作成や寄付者への説明の方法、街頭募金のノウハウなど、募金活動を行うためのさまざまなサポートを行い、参加する団体の情報発信力や自己資金を獲得する力の向上を支えます。

このように、より地域課題の解決に直接的につながるテーマ型募金の取り組みを進めることによって、共同募金の助成の成果が可視化され、共同募金運動全体の理解や信頼性の向上を図り、それにより運動全般の活性化と募金実績の回復につなげることを目的としています。
希望される団体はこの事業の趣旨をご理解いただき、申請をしてください。

参加申込方法

テーマ型募金参加申請書(様式1)に必要事項を記入し、添付書類とともに令和3年8月23日(月)から令和3年9月10日(金)までの間に本会事務局宛にご提出ください。(郵送可、締切日必着)

※詳しい申請内容や様式は、下記よりダウンロードできます。

事業実施要綱


ファイルイメージ

実施要綱


各種様式(申請・変更・報告)


ファイルイメージ

【様式1】テーマ型募金参加申請書


ファイルイメージ

【様式3-1】テーマ型募金集計報告書


ファイルイメージ

【様式3-2】寄付者名簿


ファイルイメージ

【様式6】テーマ型募金補助事業完了報告書


ファイルイメージ

【様式7】テーマ型募金補助事業変更届



現在、あま市内で29か所開設され、サロンの輪が広がっています。
お住いの地域でも、サロンの開催をぜひご検討いただき、お気軽に「あま市社会福祉協議会本所」まで、お問い合わせ下さい!

各サロンにおいて、新型コロナ感染拡大防止の対策をして開催をしています。ただし、各地域の施設によって使用状況が異なりますので、各地区での回覧などを必ずご確認下さい。

各サロンの予定は↓のPDFにてご確認いただけます。(令和3年7月1日更新)


ファイルイメージ

サロン開催日程表(令和3年7月から令和4年3月)

「ふれあい・いきいきサロン」について知ろう!


無理せず、構えず、話して笑い、
お金をかけずに楽しむのが基本

STEP1「ふれあい・いきいきサロン」ってなに?

 身近なところを拠点として、高齢者等の生きがいや社会参加、健康づくり、閉じこもり防止を目的に、参加者とボランティアが一緒に企画・運営しながら茶話会やレクリエーション。小物づくりなどの活動を定期的に開催し、楽しく気軽に仲間づくりを行う活動のことを言います。

STEP2「開催範囲と開催場所」は?

 参加者が自力で来られる範囲で、地域の公民館や集会所などの施設や、地域にある空き家などの活用を検討しましょう。

STEP3だれが「運営」するの?

 運営の主体はさまざまで、ボランティア団体や、ご近所の方同士などで自主的に運営されています。代表の方を決めることは必要ですが、活動内容は、スタッフの方がひとりで考えたり準備をしたりする必要はありません。
無理はせず、少しずつ仲間を増やして、みんなで協力しあって運営すること、そして何よりも自分自身が楽しむことが大切です。

STEP4参加者への「呼びかけ」は?

 簡単な案内チラシを作成し、区会の回覧板などで回覧を依頼したり、ご近所の方に配布しましょう。
なお、あま市社会福祉協議会が発行する「社協だより」や「ホームページ」でも開催日時や会場についてご案内のお手伝いをさせていただいています。

STEP5「経費」はどうするの?

 ふれあい・いきいきサロンはお金をかけずに楽しむことが基本です。
お茶やおやつ代の経費の他、小物作りを行う際の材料代などは、各自の負担が基本となります。内容にもよりますが、参加費1人1回100円、材料代は必要に応じて別途300円以内で各自に負担をいただいているところが多いです。
定期的に続けていくためにも、基本的には各自に負担いただく、少額の費用で運営することを基本として工夫していきましょう。
また、あま市社会福祉協議会の補助金制度(対象となるサロンや内容には定めがあります)を活用しましょう。

「あま市社会福祉協議会」がお手伝いいたします!


STEP6運営についての「相談」をお受けします。

 運営は各サロンスタッフにお任せしますが、立ち上げの方法や活動内容のご相談をお受けします。
専門機関やボランティア団体の方に講話やレクリエーションの協力を頼みたいなど気軽にご相談ください。

STEP7「補助金」を交付します。

 あま市内において、自主的、自発的なボランティアとして、「ふれあい・いきいきサロン」を行っていただける実施団体に、「ふれあい・いきいきサロン推進事業」に基づき補助金を交付しています。
《実施団体》
・地域住民で構成された任意集団
・ボランティア、当事者団体など
《主な対象要件》
・1サロン会場につき、5名以上の参加者で毎月1回以上サロンを開催すること。
・サロンに関わる収支資金を適切に管理し得る銀行口座を有すること。
・実施団体はサロンスタッフに対しボランティア活動保険に加入すること。
・参加者から必要経費に対する参加費や材料代を徴収することを原則とすること。
・営利目的や政治、宗教などの活動をするサロンは対象としません。
《補助金》
新たに登録するサロンの実施団体…20,000円
新たに登録するサロンの実施団体に対し、什器備品などを購入する経費の一部として、一度限り交付します。
・運営費補助金…補助金基本額(1か月)2,000円をサロン運営費の一部として、新規及び既設サロンに交付します。なお、開催日1回増えるごとに1,000円増額となります。
(例示)
月1回開催につき 2,000円
月2回開催につき 3,000円
月3回開催につき 4,000円
月4回開催につき 5,000円
月5回開催につき 6,000円
ただし、上限6,000円/月(月5回以上)
《実施期間》
4月1日から翌年3月31日まで

STEP8サロンの参加者を対象として「傷害保険」に加入します。

 助成金の交付が決定されたサロンには、参加される方が被る傷害事故に備えて、あま市社会福祉協議会が傷害保険に加入します。

STEP9他のサロンとの「交流・情報交換の場」をつくります。

 各サロンスタッフの方を対象として、交流・情報交換会を定期的に開催いたします。


募集内容

社会福祉士・介護福祉士・精神保健福祉士

採用予定日令和4年4月1日予定
募集資格令和4年3月に学校教育法による大学・短大、もしくは専門学校を卒業予定の方。または、平成8年4月2日以降に生まれた方で、大学・短大もしくは専門学校を卒業した方。
資格条件社会福祉士または社会福祉士取得見込の方、介護福祉士または介護福祉士取得見込の方 、もしくは、精神保健福祉士または精神保健福祉士取得見込の方、普通自動車運転免許(AT 免許限定可)
雇用形態正規職員(総合職)
予定人員総合職 若干名

保健師または看護師

採用予定日令和4年4月1日予定
募集資格令和4年3月に学校教育法による大学・短大、もしくは専門学校を卒業予定の方。または、昭和56年4月2日以降に生まれた方で、大学・短大もしくは専門学校を卒業した方。
資格条件保健師または保健師取得見込の方、看護師または看護師取得見込の方、普通自動車運転免許(AT 免許限定可)
雇用形態正規職員(総合職)
予定人員総合職 若干名

申込期間

令和3年7月12日(月)から令和3年8月20日(金)まで

詳細は、以下の職員採用試験案内をご覧ください。


私たちと一緒に働きませんか!


職員採用試験案内


ファイルイメージ

採用試験案内


ファイルイメージ

試験申込書


ファイルイメージ

新型コロナウイルス対策


災害義援金にご協力をお願いします!


ご協力をお願いします。


災害により被災された方々を支援するため、義援金を下記のとおり受付しています。
義援金は被災地共同募金会、義援金配分委員会等を通じて被災者に配分されます。
皆さまのあたたかいご支援をよろしくお願いいたします。

施 設 名 開館日及び開館時間
甚目寺総合福祉会館月曜日~土曜日の午前8時30分~午後5時15分
美和総合福祉センターすみれの里月曜日~金曜日の午前8時30分~午後5時15分
七宝老人福祉センター月曜日~金曜日の午前8時30分~午後5時15分

義援金の名称(趣旨)


みんなで支える!


令和3年7月大雨災害静岡県義援金(新規)
受付期間 令和3年10月29日(金)まで
令和3年7月1日からの大雨で熱海市伊豆山地区で発生した大規模な土石流災害に対して災害救助法が適用され、静岡県内各地において甚大な被害が発生しました。
あま市共同募金委員会では、この災害により被災された方々を支援することを目的に義援金の募集を行います。
お寄せいただく義援金は、静岡県が設置する義援金募集・配分委員会において配分が決定され、被災市町を通じて被災者に配分されます。

平成30年7月豪雨(広島県・岡山県・愛媛県)災害義援金(延長)
受付期間 令和4年6月30日(木)まで延長
平成30年7月の豪雨により、各地で人的被害をはじめ家屋の倒壊等の甚大な被害が発生し、複数の市町村で災害救助法が発令されました。
お寄せいただく義援金は、被災状況に応じて被災県の共同募金会へ送金し、被災地それぞれの行政、共同募金会、日本赤十字社各支部等で構成される義援金募集・配分委員会において取りまとめを行い、配分基準に基づき各市町村を通じて被災者に配分されます。



義援金の税制上の取り扱い

この義援金は、税制上の優遇措置の対象となりますので、確定申告に際しては、金融機関で受け取る振込金受領証等に本募集要綱を添えてご提出ください。
ない、本会発行の領収書が必要な場合は、あま市共同募金委員会が取りまとめている「領収書発行依頼書」に必要事項の記入をお願いするとともに、後日、領収書を送付します。

該当する税制優遇措置

・所得税法第78条第2項第1号及び法人税法第37条第3項第1号に規定する「国又は地方公共団体に対する寄附金」に該当。
・地方税法第37条の2第1項及び同法第314号上の7第1項第1号に規定する「都道府県、市町村又は特別区に対する寄附金」に該当。



あま市内在住の小・中学生及び保護者を対象に、防災に関する知識を身につけ意識を高めるとともに、体験を通して参加者相互の交流を深めることを目的として、防災体験事業を開催します。
つきましては、下記のとおり参加者を募集しますので、皆様のご参加をお待ちしております。


◎開催日時

令和3年8月29日(日) 午前10時から正午まで

◎開催場所

あま市甚目寺総合体育館 メインアリーナ

◎対象者

30組(定員になり次第締切)

◎受講料

無料

◎申込期間

令和3年7月1日(木)から7月30日(金)まで

◎申込方法

下記の申込書をご記入の上、あま市社会福祉協議会(本所・七宝支所・美和支所)へお申し込み下さい。
≪場所≫
本 所:あま市甚目寺総合福祉会館
七宝支所:あま市七宝老人福祉センター
美和支所:あま市美和総合福祉センター すみれの里
※個人情報を本事業以外での使用は致しません。

◎申込書


ファイルイメージ

申込書


◎問合せ先

本所 地域福祉課 ☎443-4291



まるっとあま(社協だより)第53号


目次

表紙・・・1ページ
令和2年度決算・・・2ページ
令和3年度予算・・・3ページ
会員募集のお願い、寄付・・・4ページ
養成講座・防災体験のご案内・・・5ページ
あま市支えあい情報~生活支援コーディネーターだより~・・・6~7ページ
安心支え合いネットワーク・・・8ページ
災害ボラ設置・運営訓練・・・9ページ
シャッターアート、地域包括支援センターからのお知らせ・・・10ページ
相談案内、権利擁護センター・・・11ページ
サロンコーナー、特例貸付の受付期間の延長・・・12ページ

↓↓ PDFアイコンをクリックすると「まるっとあま」が開きます ↓↓


ファイルイメージ

まるっとあま第53号


職種介護職員
仕事内容デイサービス利用者に対して、入浴介助、身体介助、機能訓練、日常生活支援、排せつ介助、送迎等
募集人員若干名
勤務時間午前8時30分から午後5時15分までのうち7時間から7時間30分程度※勤務時間について相談可能
勤務地七宝デイサービスセンター(あま市七宝町桂弥勒28番地)
美和デイサービスセンター(あま市花正中之割13番地1)
時給条件1050円(介護福祉士)
1000円(介護職員初任者研修以上)
950円(無資格)
その他手当送迎手当・通勤手当(規程による)
必要資格介護福祉士、介護職員初任者研修、普通自動車免許(AT可)
無資格でも可能
勤務日週5日程度※勤務日数について相談可能
休日土曜日・日曜日・祝日・年末年始
試用期間1か月間の試用期間があります。
(試用期間中の時給は930円から資格要件によって異なります。)
提出書類履歴書・資格証明書
※提出書類の返却はいたしませんのでご了承下さい。
応募方法直接、あま市社会福祉協議会へご持参ください。
募集期間令和3年6月1日から随時受付中


職種職業指導員(就労継続支援B型事業所)
仕事内容知的障がい者への生産活動(軽作業)の支援、生活指導
募集人員若干名
勤務時間午前8時30分から午後5時15分までのうち7時間程度※勤務時間について相談可能
勤務地あま市くすのきの家(あま市甚目寺稲荷新田20番地)※名鉄甚目寺駅から徒歩10分
時給条件930円(無資格)
950円(介護職員初任者研修以上)
その他手当送迎手当・通勤手当(規程による)
勤務日週5日程度※勤務日数について相談可能
必要資格等普通自動車免許(AT可)
試用期間1か月間の試用期間があります。
(試用期間中の時給は930円となります。)
提出書類履歴書・資格証明書
※提出書類の返却はいたしませんのでご了承下さい。
応募方法直接、あま市社会福祉協議会へご持参ください。
募集期間令和3年6月1日から随時受付中


新型コロナウイルス感染状況を鑑み、講演会は延期となりました!
延期後の日程が決まりしだい、皆さまにお知らせさせて頂きますので、その際にはご参加いただきますようお願い申し上げます。

あま市権利擁護 センター開所記念講演会

あま市では、“勇健都市あま”の実現に向け、勇健な教育・健康未来都市の取り組みのひとつとして、 認知症や知的障がいなどの 精神上の障がいにより 、 判断能力が十分でない方が成年後見制度を活用できるよう 相談 支援 します!
この相談支援を行う「あま市権利擁護センター」は 令和3年4月1日に設立し、 令和3年7月1日 から開所 します。
センターの開所に当たって、「あま市権利擁護センター開所記念講演会」を開催しますので、ぜひご参加ください!

と き

令和3年7月3日(土) 
午前10時から午前11時30分まで
(開場 午前9時30分)

ところ

あま市美和文化会館 大ホール

対象・定員・参加費

・どなたでも参加いただけます(事前申込が必要です)
・300名
・無 料

講 師

特定非営利活動法人
尾張東部権利擁護支援センター( 愛称: あすライツ)
センター長 住田 敦子 氏

パンフレット




↓↓ 詳細は、こちらのPDFをご参照下さい ↓↓


ファイルイメージ

講演会パンフレット


生活支援コーディネーターだより 令和3年3月号

あま市内の支えあいの活動情報をご紹介しています。


第3号(表面・裏面)


第3号(中面)


↓↓PDFでもご覧いただけます。↓↓


ファイルイメージ

表面・裏面


ファイルイメージ

中面