生活福祉資金・くらし資金貸付制度

生活福祉資金制度

 低所得世帯、障がい者世帯、または高齢者世帯に対し、必要に応じた資金貸付を行うとともに、その世帯の経済的自立等の安定した生活が送れるようにすることを目的とした都道府県社協・市町村社協・民生委員が連携して行う福祉の貸付制度です。
用途別にさまざまな種類の貸付があります。貸付制度の種類としては、「総合支援資金」「福祉資金」「教育支援資金」「不動産担保型生活資金」の4種類があります。
なお、負債の返済のための借入れや、借り入れても返済できるあてがないものについては、基本的に貸付の対象とはなりません。
ご相談内容によっては、手続きに時間がかかる場合もあります。

くらし資金貸付制度

 生活の不安定な低所得世帯に対して、日々のくらしの維持に必要なつなぎ資金及び不時の出費のため必要とする小口資金を貸付け、その生活を保全し経済的自立を助長することを目的とした貸付制度です。

※貸付資金の種類や貸付限度額などの条件の詳細については、お問い合わせ下さい。

市つなぎ資金貸付事業

 生活保護申請者及び被保護者に対して、保護費支給までに必要なつなぎ資金及び不時の出費の為に必要な小口資金を貸付け、その生活を保全し経済的自立を助長することを目的としたあま市社会福祉協議会独自の事業です。
なお、県くらし資金との併用ができない等の条件がありますので詳細については、お問い合わせ下さい。