あま市社会福祉協議会について、一人でも多くの市民の皆さんに知ってもらおうと、去る8月19日(土)に開催された「第5回あまつり2017」に初出店しました。
 ブースでは「社協事業やボランティアセンターの活動紹介」や「ありがとうメッセージ」などの各コーナーを設けました。
 特に、ありがとうメッセージコーナーでは、「たすけてくれてありがとう」をテーマに「家族」・「地域」・「ボランティア」等へ、日頃の感謝の想いや気持ちをふせんに書いて、パネルにて掲示させて頂くなど、広く市民の皆さんと交流する機会になりました。
 あまつりに参加した若い世代には、社会福祉協議会の存在意識は低いものでしたが、社協の主要事業でもある「福祉実践教室」や「ボランティア」についてなら、知っている小中学生もいました。
 これからも、若い世代からシニア世代まで幅広く、各種福祉事業を通じて、社会福祉協議会のPRに努め、地域福祉の向上を図っていきたいと思います。